Telekumo テレクモ

Telekumo
Telekumo(テレクモ)とは

仮想デスクトップなので便利

Telekumo(テレクモ)は、
当社独自のクラウド型仮想環境です。

Telekumo(テレクモ)のような仮想デスクトップ方式(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)は、高いセキュリティを維持しながら在宅勤務、モバイルワーク、サテライトオフィス勤務など多様な働き方を実現するのに最適で、「働く人のための働き方改革」を達成するためのシステムとして機能します。

仮想デスクトップイメージ図

物理パソコンではないので、お客様自身で準備をする必要はありません。数ヶ月のシステム構築期間が必要なサービスも多いですが、当社は最短5営業日というスピード感でテレワーク環境のご提供が可能です。スピーディーなご提供によって、導入コストを下げることにも成功しています。

セキュリティ対策

テレワークのセキュリティ問題を解決します。

Telekumo(テレクモ)は業務を仮想環境で行う仕組みのため端末にはデータが残りません。情報の持出しなどを防ぎ、貴社の重要な情報を守ります。また、万が一テレワーク端末の盗難や置忘れが発生した場合も、オフィスから遠隔でデータを消去することも可能(オプション)。端末にデータを残さないことで被害を最小限にとどめることが可能です。

セキュリティ対策イメージ図

仮想デスクトップ方式はOSなどのデスクトップ環境を一元管理するものですが、個人の設定やテレワーク用アプリの個別導入ができます。一元管理だからといって、全社員がトップレベルの情報まで共有してしまうということはありません。

部署ごと、部門ごとなど業務内容に合わせて、画一的ではないフレキシブルなテレワーク環境を整えてください。

セキュリティ対策イメージ図

様々な拡張オプションが利用可能

環境に合わせたアプリをご提供いたします。

Telekumo(テレクモ)には、テレワーク用の便利なアプリが多数用意されています。様々な機能を同システム内で運用することは、コストダウンにもつながるので、貴社に必要なアプリを検討し、最適なカスタマイズをおこなっていきましょう。

拡張オプションイメージ図

Planプラン

おすすめプラン

作業環境はTelekumo(テレクモ)を導入すればすぐに利用できますが、便利な拡張オプションを併せて導入することで、「社内でも社外でも同じ業務ができる」というテレワークの真価を発揮できる環境にセットアップ可能です。

Web会議

システム内のツールを使うことで、会議内容の流出リスクをおそれることなくリモート会議ができます。各営業所をシームレスに連携。

チャット

社内チャットツールを使って、テレワークでも報告、連絡、相談をスムーズに。

ファイル共有

同じオフィスで机を並べなくても、ファイル共有機能を使えば遠隔地同士で業務をシームレスに共有可能です。

端末管理

テレワークやリモートワークを行う上では、万が一のセキュリティ事故を想定しておくことが重要です。置忘れや盗難でも遠隔でデータを消去することが可能です。

その他の拡張プラン

テレワークは、働き方改革やパンデミック時の緊急対応、大規模イベント開催時などの対応策として普及してきました。今や、テレワークはBCP対応(事業持続性)においても重要なファクターといえます。

テレワークの利便性を追求すれば、事業をスピーディーに成長させることも可能です。導入すべきアプリや構築スタイルについては、貴社の目指すテレワークの形態や現状に合わせ、最適なご提案をいたしますので、お問い合わせ下さい。

  • 帳票の電子化

    紙ベースの帳票を電子化することはICT環境への適応だけでなく、省スペース化やオフィスコストの削減にもつながります。

  • 勤怠管理

    タイムカードやICカードを別に導入しなくても、Telekumo(テレクモ)のアプリを使えば在宅勤務やサテライトオフィス勤務、モバイルワークの勤怠を管理できます。

  • 営業支援

    顧客とのやりとりや取引情報のデータ蓄積、各種データとの総合的な分析など、デジタル社会の科学的な営業アプローチを実現できます。

  • 経理・会計業務

    経費や交通費精算などの経理業務や、売上や入金の管理を行う会計業務まで、バックオフィス業務全般を支援します。

  • ワークフロー

    様々な働き方を認めつつ業務効率化を図るには、ワークフローが欠かせません。Telekumo(テレクモ)ならアプリを導入することでテレワークシステムにワークフローを取り込めます。

  • RPA

    事業プロセス自動化のシステムのひとつ、RPAはソフトウェアロボットのことです。転記作業や、手書き文書の電子化といった反復性の高い作業をRPAに任せ、テレワークシステムと連携することで業務効率化が期待できます。

    RPAに関するご紹介、事例はこちらから

  • AI

    膨大なデータ分析や、複合的な情報の読み取りと活用を得意とするAI。Telekumo(テレクモ)と当社のAI技術を活用したビジネスモデルを連携することで、その可能性をテレワークの領域にも組み込ませることができます。

    AIに関するご紹介、事例はこちらから

業務内容に応じてコストダウンが可能に

プラン

Telekumo(テレクモ)ではお客様の業務内容に応じて、様々なプランをご準備しております。
メモリのご選択はもちろん、専用仮想マシン(フルクローン)と共用仮想マシン(リンククローン)も選ぶことができます。共用マシンをご選択いただいた場合、同時利用数が増えれば一人当たりの利用料を大幅にコストダウンすることも可能です。

プラン名 CPU メモリ クローン種別 ディスク容量 プラン詳細
Telekumoライト 2vCPU 2G リンク / フル 50GB ブラウザ利用や簡易作業に
Telekumoスタンダード 2vCPU 4G リンク / フル 50GB 通常のオフィスワークにおススメ
Telekumoヘビー 2vCPU 8G リンク / フル 50GB PCをフルに活用される場合

Colums
コラム

Download
資料ダウンロード

  • Telekumoサービス詳細

    Telekumoサービス詳細

    Telekumo(テレクモ)のサービス詳細をまとめた資料となります。導入における検討にお役立て下さい。

  • 仮想デスクトップのメリットは?徹底解説

    仮想デスクトップのメリットは?徹底解説

    仮想デスクトップ(VDI)方式を採用するメリットについて詳細をまとめた資料です。

  • 業種別・規模別のテレワーク導入モデルケース

    業種別・規模別のテレワーク導入モデルケース

    業界や規模別にどのような導入手法を検討すべきでしょうか?分かりやすくまとめたレポートとなります。

Telekumoは株式会社システム情報の登録商標です。
当社サイト、その他カタログ等に記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。
なお、本文および図表中では、「™」、「®」は明記しておりません。

テレワークの立ち上げから活用までサポートいたします。


まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ お問い合わせ
ページトップへ