Telekumo テレクモ

Colums
コラム

ウィズコロナ前からこの先の予想

ウィズコロナ時代のテレワークのポイント

ウィズコロナの新しい生活様式に伴って、急速に普及したテレワーク(リモートワーク)ですが、何のために導入するのか、またウィズコロナ時代をどのように働き、企業として人材を雇用していくかを理解しなければ円滑な運用は難しいでしょう。
変わってしまった未来、アフター・コロナを企業が活動していくためのポイントはどのようなものなのでしょうか。

ウィズコロナ時代のテレワークのポイント

テレワークとリモートワークの違い

テレワークとリモートワークは、どちらもオフィス以外の遠隔地(自宅、サテライトオフィスなど)で業務をおこなうという意味があり、明確な違いはありません。

国は、テレワークについて場所だけでなく「時間」に関しても各人の好きなように働けると定義していますが、リモートワークについても同じようにいえることがあり、2つのワードははっきりと使い分けられているわけではないようです。

企業やコンサルタントによっても定義や意味合いが少しずつ異なることもありますが、本コラムではテレワークもリモートワークも大きく意味に違いはないという前提で進めていきます。

ウィズコロナとアフター・コロナ、変わってしまった未来とテレワーク

世界的な感染拡大が続く中で、日本では緊急事態宣言解除後、新型コロナウイルスと共存しながら経済を回し、暮らしていくという姿勢が提唱されました。手洗いやマスク着用といった新しい生活様式を各々が守り、仕事をしたり遊びに行ったりしながら新型コロナウイルスに気をつけて生活しようというものです。

これに伴い、新型コロナウィルス発生前に描いていた未来のビジョンも大きく変わったと認識を改めなくてはならないでしょう。新型コロナウイルスが蔓延する以前に予想されていた社会ではなく、新型コロナ後の世界を我々は生きていかなければならないのです。

ウィズコロナ時代の雇用・働き方の変化

ウィズコロナ時代には、雇用のあり方や働き方が変化しました。 いわば、働き方のニューノーマルといえるものですが、中には感染拡大前にもその存在が知られていたものもあります。

ギグエコノミー

ギグエコノミーは、同じ会社にずっと勤務するのではなく単発の仕事を受けてスキルや時間をクライアントに提供する働き方です。 飲食店から受け取った料理を注文した人に配送するフードデリバリーサービス「Uber Eats」や、自宅を旅行者に提供するAirbnbがギグエコノミーの代表例です。

パラレルキャリア

パラレルキャリアは本業を持っている状態で第二のキャリアを形成することを意味します。 夢の実現や社会貢献活動の一環としてとらえられており、それが副業(複業)との違いになります。とはいえ、ボランティアとして無報酬でおこなっていた活動が軌道にのって報酬を得られるまでに成長する、というケースもあるので広い意味での「働き方」カテゴリとしてとらえることができます。この場合、パラレルキャリアを持つ人はパラレルワーカーと呼ばれることもあります。

副業・複業・兼業

本業以外に金銭的な報酬を得られる仕事を持つことを副業といいます。 中には、主軸とする仕事を定めずにさまざまな仕事をする人もいて、この場合は兼業や複業と定義されます。オフィスでの仕事を持ちながら、畑を耕し農作物を作る「兼業農家」がイメージしやすいかもしれませんね。

副業禁止の職業もある中、企業として公認する動きもあり、今後新しいワークスタイルとして定着する可能性があります。

イメージ写真

テレワークやペーパーレス、ウィズコロナ時代における企業の変化

日本で多様な働き方が知られるようになったのは、終身雇用制度が終わりを告げたことも関係しています。 それに伴って、新しい時代の働き方にもいくつか見逃せない変化があらわれてきました。

ペーパーレス

大手銀行が通帳の発行に手数料をかけることを発表するなど、サービス業にもペーパーレス文化は広がっています。
日本政府も企業に対し「脱・ハンコ」「ペーパーレス化」を求めており、今後益々ハンコが電子印鑑に取って代わられるといった変化が急激に起こっていくでしょう。 紙書類を減らすことは、アフターコロナの新しい業務の在り方を実現するための施策としてだけでなく、紙の消費を減らしコストダウンに繋がる、環境に優しいエコな取り組みとして企業のブランド向上にも寄与するなど様々な効果が見込める施策となります。

非接触型ワークスタイル

現在、ほとんどの人は「人や物との接触を避けたい」と考えているはずです。電車の手すりやつり革、貨幣、タッチパネルなど、不特定多数の人が触れている可能性のあるものすべてに対し、直感的に拒否する感情を抱く傾向にあります。

ビジネスにおいてもこうしたニューノーマルに合わせてスタイルを模索していく必要があります。対面が当たり前だった営業活動をテレビ会議に移行する、共用していたパソコンを社員一人ずつの専用パソコンに変える、などウィズコロナ時代に即したワークスタイルが求められています。

職場環境管理

厚労省は、労働衛生について作業環境管理、作業管理、健康管理を「3管理」と定めています。 ウィズコロナ時代には、労働衛生が今まで以上に重視されるでしょう。

食事や休憩の前に手洗いやうがいができるオフィスであるかどうか、人の集まる会議や研修、出張といったシーンで適切な感染予防対策が講じられているかどうか、それらの点に留意する必要があります。従業員を監督する立場の中間管理職は、福利厚生に感染防止の対策を盛り込むなど、新たな制度も含めて検討すべきかもしれません。

文房具やパソコン、タブレット端末などは、共用で使っていたり持ち帰りを許可している企業も多いかもしれませんが、感染リスクを低減するためには貸し借りをやめて個人で使う方がよいでしょう。

テレワーク

ウィズコロナにおける最大の変化ポイントといえるのがテレワークです。 在宅勤務が可能になったことで、満員電車を回避しながら業務に従事することができるようになりました。

一方で、急いでテレワークを導入した企業には、セキュリティの対応不備による情報漏洩リスクや、業務内容に即したテレワーク用PCの整備の遅れなども発生しています。セキュリティ対策が不十分な状態で端末を持ち帰ったり、自宅のパソコンを業務に活用することで機密データが社外に流出し、大きなセキュリティ事故につながってしまうリスクをはらんでいます。

これを防止するのに有効なのが、仮想デスクトップ方式によるテレワーク環境の構築です。仮想デスクトップ方式は、サーバーで情報や業務を管理するため手元のパソコンにデータが残りません。

現在、端末の持ち帰りやリモートデスクトップ方式でテレワークを実行しているという場合は、情報を守るためにぜひ仮想デスクトップへの切り替えを検討してみてください。

イメージ写真

まとめ

ウィズコロナ時代は、今後もしばらく続くと予想されます。また、専門家の中にはコロナウイルスが克服されても、以前のような生活様式は戻らないと予想する者も少なくありません。したがって、テレワークは一過性のものではなく新しいワークスタイルとして定着すると考えるべきでしょう。
この機会に一度セキュリティレベルや社内データの適切な取り扱いについて検討し、仮想デスクトップのようなリスクの少ないテレワーク環境の構築を考えてみてはいかがでしょうか。
Telekumo(テレクモ)では、現状のテレワークにおけるヒアリングを元にセキュリティ診断や最適な環境のご提案を行っております。ぜひ、ご相談下さい。

・厚生労働省「職場のあんぜんサイト」

Colums
コラム

Download
資料ダウンロード

  • Telekumoサービス詳細

    Telekumoサービス詳細

    Telekumo(テレクモ)のサービス詳細をまとめた資料となります。導入における検討にお役立て下さい。

  • 仮想デスクトップのメリットは?徹底解説

    仮想デスクトップのメリットは?徹底解説

    仮想デスクトップ(VDI)方式を採用するメリットについて詳細をまとめた資料です。

  • 業種別・規模別のテレワーク導入モデルケース

    業種別・規模別のテレワーク導入モデルケース

    業界や規模別にどのような導入手法を検討すべきでしょうか?分かりやすくまとめたレポートとなります。

Telekumoは株式会社システム情報の登録商標です。
当社サイト、その他カタログ等に記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。
なお、本文および図表中では、「™」、「®」は明記しておりません。

テレワークの立ち上げから活用までサポートいたします。


まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ お問い合わせ
ページトップへ