Telekumo テレクモ

Colums
コラム

セキュリティやコストなど

仮想デスクトップ方式のメリットとデメリット

仮想デスクトップ方式は、主に中堅企業から大企業に採用されているテレワーク(リモートワーク)システムの手法です。
物理パソコン不要でオフィスと同じ環境を社員にスピーディーに用意できることから、セキュリティ意識の高い企業や、オフィス維持のコストを削減したい企業などに幅広く導入されています。

仮想デスクトップ方式のメリットとデメリット

仮想デスクトップ方式は初期コストが高いがセキュリティは万全

仮想デスクトップ方式(VDI)は、パソコンのデスクトップをサーバに集約し、ネットワークを通じて提供するシステムです。

ファイルや音声データはネットワークを通じてサーバー内で処理され、保存されるため、手元のパソコンに残りません。

そのため、自宅パソコンやサテライトオフィスの端末に社内データが残らず、セキュリティが高く保たれるという特徴があります。

なぜ仮想デスクトップ方式は中堅~大企業の導入が多いのか

なぜ仮想デスクトップ方式は中小企業以上、大企業の導入が多いのでしょうか?
それは、自社で仮想デスクトップの管理が必要となるからです。そのため、専任のIT管理者やシステム管理者が必要とされ、比較的導入のハードルが高い方式と言えます。

そのため最近では、自社で管理を行う必要が無くクラウドで仮想デスクトップを提供するサービス(DaaS:Desktop as a Service)が各社より提供されており、これまでに導入が難しかった小規模~中小企業での導入事例が増えてきています。

Telekumo(テレクモ)ではシステム管理やサポートもサービス内容に含まれており、安心してご活用いただくことができます。また、ご契約いただいたお客様が利用可能なサポートポータルを完備しており、仮想デスクトップや端末、SaaSに関するご質問や導入サービスの問題解決のサポートをいたします。

さらに、回答した企業の多くが、事業戦略とIT戦略は連携すべきと考えており、情報セキュリティに対する投資の遅れが企業としての遅れにつながると危惧していることもみえてきました。
ネットワークやストレージ、音声、クラウド、会議システムといったテクノロジーが徐々に大企業へ浸透していくというのが同社の予測です。

そのため、自宅パソコンやサテライトオフィスの端末に社内データが残らず、セキュリティが高く保たれるという特徴があります。

VDI化は、次世代のテクノロジーであるとともに、ニューノーマルの働き方の実現やBCP対策の強化にもつながるシステムと言えます。

クラウド型仮想デスクトップ方式のメリット

仮想デスクトップ方式のメリットは、オフィスのパソコンとまったく同一の環境をテレワーク先に用意できるという点がもっとも大きいといえます。更にクラウド型であれば、専任担当を置くことなく導入や管理が可能となります。

IT担当者や管理者にとっても、仮想デスクトップに移行することで物理パソコンを一台一台従業員に配布して個別にセッティングする必要がなくなるため、管理工数が削減されます。
例えば、最近事例が増えているオフィス移転や削減の際にも、フレキシブルな対応が取りやすくなり、従業員の入社や退職時のPC準備もワンタッチで完了するようになります。

イメージ写真

仮想デスクトップ方式のデメリット

オンプレ型の仮想デスクトップ方式は、サーバーのコストが高く、初期投資が高額になることが一番のデメリットです。
特に、従業員数が多くなるほど、高性能で負荷に耐えられるサーバーを用意しなければならないため、導入コストが高くなる傾向にあります。
導入規模にもよりますが、一般的に数千万~数億の初期コストがかかると言われています。

一方、クラウド型の仮想デスクトップ方式の場合は、初期投資が押さえられますが、オンプレ型と比較するとランニングコストが高くなるのが一般的です。ただし、オンプレ型では専任の管理者を置く必要があるなど、人件費などの見えないコストが発生していることが多いため、その点も考慮に入れて検討する必要があります。

仮想デスクトップ方式の導入コストと通常オフィス勤務にかかるコストの比較

仮想デスクトップ方式の導入コストと、通常のオフィス勤務時にかかるコストの比較は単純にはできません。

仮想デスクトップ方式ひとつとっても、シンプルな作業環境にどのようなオプションでシステムを拡張するかによって導入コストは変わってきます。

同じように、全社員が出社するのが当たり前という従来の勤務スタイルにかかるコストも一律ではありません。オフィスの維持費は家賃と光熱費、備品代などですが、立地や規模、従業員数によって大きく変動します。

これらのコストパフォーマンスを単純に数字で比較することは危険でもあります。

仮想デスクトップ方式で快適なテレワーク環境を構築したことで、オフィススペースを小さくしたりペーパーレスによって紙やインクといった消耗品代が削減されたりという可能性もあります。また、オフィスの立地に縛られない雇用や優秀な人材の離職防止といった長期的な可能性も考慮すれば、導入コストが従来のオフィスコストと比べて非常に高額であったとしてもコストパフォーマンスが悪いとは言い切れません。

仮想化は次世代のテクノロジー

仮想デスクトップに関連するニュースとして、IT専門調査会社IDC Japan株式会社が発表したデータがあります。

「2020年国内クライアント仮想化市場ユーザー動向分析調査」は、経営層、IT管理者、エンドユーザーなど1,100名を対象に実施されました。

この調査では、2020年のクライアント仮想化導入率が27.7%(前年比+3.5ポイント)と公表されています。また、回答者の多くが、ネットワーク仮想化やZoom、Skype for BusinessなどとのVDI連携、音声による電話会議システムとの連動によるVDI配信に高い関心を寄せていると明らかにしました。

さらに、回答した企業の多くが、事業戦略とIT戦略は連携すべきと考えており、情報セキュリティに対する投資の遅れが企業としての遅れにつながると危惧していることもみえてきました。 ネットワークやストレージ、音声、クラウド、会議システムといったテクノロジーが徐々に大企業へ浸透していくというのが同社の予測です。

VDI化は、次世代のテクノロジーであるとともに、ニューノーマルの働き方の実現やBCP対策の強化にもつながるシステムと言えます。

イメージ写真

スマートデバイスやシンクライアント:仮想デスクトップが生み出す新しい働き方

次世代のテクノロジーである仮想化、仮想デスクトップがもたらす新しい働き方に、スマートデバイスとシンクライアントがあります。

スマートデバイスは仮想デスクトップと組み合わせてもっと便利に

スマートフォンやタブレットパソコンなど、通話や通信機能を備えて小型パソコンと呼べるような電子機器をスマートデバイスといいます。

テレワークにスムーズに移行できたのは、こうしたスマートデバイスが普及し、多くの人がその操作に慣れていたおかげといえるでしょう。

スマートデバイスは仮想デスクトップとの相性が良く、外出先や旅行先からでもiPhoneやAndroidなどのアプリから簡単に接続が出来ます。

政府の提唱している観光地やリゾート地にいながら仕事をする「ワーケーション」も、こうしたスマートデバイスを活用することでより浸透していくことでしょう。

シンクライアント

シンクライアントは、操作するパソコンに必要最小限のメモリやハードディスクを搭載して、データを端末に一切残さないという技術です。対義語をファットクライアントといいます。

これは、パソコンが盗難されたり情報流出ウイルスに狙われたりした時にも、社内データを守ることができるため、テレワークが普及した昨今に注目されています。シンクライアント化、つまりシンクライアント環境を実現できるのも、仮想デスクトップ技術の進歩がもたらしたものです。

まとめ

仮想デスクトップ方式はセキュリティが万全でどこからでもオフィスと同じ環境で業務ができるため、今後もテレワークやリモートワークの実現を考える際には欠かせないものとなりそうです。

ウィズコロナの時代においても、大規模イベント開催時や災害時の出社などのリスクヘッジや、育児や介護といったライフステージの変化があっても業務が継続できたり、物理的なオフィスに縛られない新しい働き方の実現などに寄与していくと思われます。

・IDC「2020年国内クライアント仮想化市場ユーザー動向分析調査」

Colums
コラム

Download
資料ダウンロード

  • Telekumoサービス詳細

    Telekumoサービス詳細

    Telekumo(テレクモ)のサービス詳細をまとめた資料となります。導入における検討にお役立て下さい。

  • 仮想デスクトップのメリットは?徹底解説

    仮想デスクトップのメリットは?徹底解説

    仮想デスクトップ(VDI)方式を採用するメリットについて詳細をまとめた資料です。

  • 業種別・規模別のテレワーク導入モデルケース

    業種別・規模別のテレワーク導入モデルケース

    業界や規模別にどのような導入手法を検討すべきでしょうか?分かりやすくまとめたレポートとなります。

Telekumoは株式会社システム情報の登録商標です。
当社サイト、その他カタログ等に記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。
なお、本文および図表中では、「™」、「®」は明記しておりません。

テレワークの立ち上げから活用までサポートいたします。


まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ お問い合わせ
ページトップへ