SI&C 株式会社システム情報

文字サイズ
Value Engagement Partner お客様の価値観を共有するパートナー

事業内容
SERVICE

クラウドサービス

SI&Cが提供するクラウドサービス

SI&Cでは、お客様にパブリッククラウドをフル活用していただくための様々なサービスを提供しています。
システム基盤の構築、運用は弊社にお任せください。お客様はビジネスの立ち上げ・拡大に注力していただけます。

お客様のビジネス

弊社提供

  • 導入サービス

    導入サービス

    当社の豊富なインフラ構築実績とプロジェクトマネジメント力を活かしたクラウド環境の導入を行います。

  • 運用代行サービス

    運用代行サービス

    クラウドの知識を十分に有した専任オペレータが、安全・安心なクラウド運用を提供します。

  • オプションサービス

    オプションサービス

    最先端のクラウド技術を組み合わせることで、新たな価値を創造し、お客様のビジネスをサポートします。

ベンダ提供

プラットフォーム:Amazon Web Services / IBM Cloud 他

コンピテンシー

APNスタンダードコンサルティングパートナー

Amazon Web Services (AWS) は、世界中で多く利用されているパブリッククラウドサービスです。

SI&Cは、APNスタンダードコンサルティングパートナーに認定されています。
APNコンサルティングパートナーは、AWS上でのワークロードとアプリケーションの設計、開発、構築、移行、および管理を支援するプロフェッショナルサービス企業です。
また、 SI&Cには、AWSから認定を受けた技術者が多数在籍しており、高品質なサービスを提供可能です。

  • AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル
  • AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト
  • AWS 認定SysOpsアドミニストレーター – アソシエイト

IBM Cloud Partner League

IBM Cloudは、データやAIを活用したビジネスモデルのためのクラウドであり、さまざまなビジネス要件に対応可能です。
SI&Cは、IBM Cloud Partner Leagueに参加しており、既存のVMWare環境のIBM Cloudへの移行や、IBM CloudとIBM Watson/SPSSを組み合わせたシステム構築を得意としています。
認定資格者も多数在籍しています。

  • IBM Cloud Platform Application Development v2

導入サービス

昨今、パブリッククラウド市場は世界的に拡大しており、日本においてもエンタープライズ企業がパブリッククラウドを利用するケースが増えています。導入理由(※)は、「社内に資産をもつ必要がないから」「可用性が高くなるから」「初期導入コストが安価だから」「導入スピードが速いから」など、さまざまです。
SI&Cは、お客様がパブリッククラウドのメリットを最大限に享受できるよう、全面的な導入サポートを行います。

※平成29年版 情報通信白書より(総務省)

運用代行サービス

クラウドの利用形態は、パブリッククラウドとプライベートクラウド、オンプレミスを組み合わせた「ハイブリッドクラウド」が主流となっています。ハイブリッド環境を導入することで最適なワークロードの配置が可能になる一方、システムは複雑化し、運用負荷が増えてしまう傾向にあります。

本サービスは、お客様の大切なICT基盤の運用を代行するアウトソーシングサービスです。

  • システム運用・保守

    ITILに準拠した運用サービスを提供します。通常運用に加え、オンラインストレージ拡張など、クラウドならではの運用にも対処します。

  • 24/365対応

    24時間365日の有人対応を行い、グローバル化や職場環境の多様化に備えます。

  • 請求代行

    当社が発行したアカウント環境をご利用いただくことで、円建てでの請求処理が可能です。

オプションサービス

環境最適化

ハードウェア老朽化対応でシステムをクラウドへ単純移行した場合、クラウドに適した設計ができておらず、無駄なコストが発生している可能性があります。

本サービスでは、お客様のクラウド環境を見直し、各種自動化やサーバレス化等の方策を講じます。

  • 運用自動化

    クラウドベンダが提供するマネージドサービスを活用することで、ある程度の運用自動化が可能です。ベンダがサポートしていない動作に関しては、独自APIを開発することでカバーします。 運用自動化はオペレータに求められるスキルレベルの引き下げに繋がるため、人件費の削減が見込めます。

  • コスト最適化

    クラウド環境への移行はスモールスタートで段階的に行われるのが通例です。そのため、初期段階では、クラウドのメリットを活かしきれておらず、余計なコストが発生する傾向にあります。本サービスでは、お客様のアカウントのコスト構造を分析し、システム構成を見直します。

セキュリティ強化

標的型攻撃による情報流出やランサムウェアによる被害、IoT機器の脆弱性の顕在化等、セキュリティ上の脅威は今後さらに増大することが予想されます。
また、パブリッククラウドのインフラストラクチャは、厳格なセキュリティ要求を満たすよう構築されていますが、利用者が誤った設定をしてしまうと、重大なセキュリティ事故を引き起こしてしまう危険性があります。

本サービスでは、お客様の大切なデータを保護するために防御策を講じ、年々高度化するセキュリティ脅威に備えます。

Trend Micro Deep SecurityはTrendMicro社が提供する総合サーバセキュリティ製品です。「不正プログラム対策」「IPS/IDS」「セキュリティログ監視」など多層防御の仕組みを導入可能です。

  • 事例)PCIDSS準拠対応

    PCIDSS(Payment Card Industry Data Security Standard)とは、クレジットカード会員データを安全に取り扱う事を目的として策定された、クレジットカード業界のセキュリティ基準です。
    パブリッククラウドベンダはPCIDSSの認定を受けていますが、システムがPCIDSSに準拠するためには、クラウドインフラストラクチャ上の全てのレイヤがPCIDSSの要件を満たしている必要があります。
    SI&Cでは、当社のノウハウやTrend Micro Deep Securityを活用し、PCIDSSに準拠したセキュアなシステムを構築可能です。

ビッグデータ分析基盤構築

パブリッククラウドやIoTの普及に伴い、大規模データを蓄積することが可能になり、昨今では蓄積したデータをいかに活用するかが、企業の成長戦略の重要なカギになっています。
本サービスでは、パブリッククラウドが提供するマネージドサービスと当社のデータ分析ノウハウを組み合わせて、お客様の多様なニーズに沿ったビッグデータ分析基盤を構築します。
スモールスタートでの導入が可能で、初めから多額の投資は不要です。

BCP対策

日本は様々な自然災害に関してリスクの高い地域であり、災害発生時の業務継続は企業にとっての重要課題といえます。
本サービスでは、クラウドの特性を活かし、地理的に離れた拠点にディザスタリカバリ(DR)環境を構築することで、有事の際の事業継続性を確保します。

  • 事例)DR環境構築・移行

    有事の際に継続したいシステムをクラウド上へ展開します。
    オンプレミスの既存DR環境をクラウドへ移行することで、コストや柔軟性を見直すことも可能です。

クラウドサービスに関するお問合せはこちら

※ Amazon Web Services、"Powered by AWS"ロゴ、[およびかかる資料で使用されるその他のAWS商標]は、米国その他の諸国における、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標です。
※ TREND MICRO、DeepSecurityロゴは、米国その他の諸国における、TrendMicro社またはその関連会社の商標です。
※ IBM, IBM Watson は、世界の多くの国で登録された International Business Machines Corporation の商標または登録商標です。
※ Microsoft, Windows Server, Internet Explorerは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※ JavaTM およびすべての Java 関連の商標およびロゴマークは Oracle やその関連会社の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※ その他、記載の会社名・製品・サービス名・ロゴマーク等は各社の日本および他国における商標または登録商標です。
※ 掲載の画面は、すべてイメージとなります。また、掲載している文章、写真、画像、データ、イメージについて弊社の許可なく無断転用・ 転載・変更・改ざんすることを固くお断りします。

ページのトップへ

Copyright © SYSTEM INFORMATION Co.,Ltd. All Rights Reserved.