S・K
SI事業本部 第一事業部
2016年入社
理学部卒

SEとして技術を磨き、
長く仕事を続けていきたい

SEは、常に人と関わる仕事

結婚、出産などのライフイベントを経ても長く働けるように手に職を付けたいと思い、SEに興味を持ちました。なかでも当社は独立系のSIerなので、しがらみなく幅広い業界で経験を積めると考えました。

最初に配属されたのは金融系の保守システムの開発。現在はフィンテック事業者と金融機関が使用する認証サービスの開発プロジェクトに所属しています。2つのプロジェクトを通じて面白いと思ったことは、最初のプロジェクトでは「会議はできるだけ短く!」という方針があったのに対し、現在のプロジェクトでは1日中会議でアイデア出しをする日が多いということ。さまざまな会社の考え方や社風を体験できることは、顧客先常駐ならではの面白さだと思います。最初のプロジェクトで1年が過ぎた頃、リーダからエラーの原因探しを任されました。これを自分で解析し、対応策を提案できたときは、成長を感じて嬉しかったですね。

学生時代のSEのイメージは「ひとりで黙々と作業をこなす仕事」でしたが、実際にはこうして提案や会議を重ねるなど、「常に人と関わる仕事」であることに楽しさを感じています。

当社はスキルアップのチャンスの宝庫です

お客様に分かりやすく進捗や提案内容を説明できることは、SEにとって必須となるスキルです。しかし、私は自分が設計した内容を会議で発表する際に「資料が分かりにくい」と言われることが多いので、当社の教育制度にある研修を活用し、コミュニケーション力やプレゼンのスキル向上にも努めています。

当社には勉強熱心な先輩が多く、別の研修を受講した先輩と情報交換をする事もよくあります。リーダとの定期面談では、自分の意見を伝えたりアドバイスをいただくことができます。また、「こういうプロジェクトに参加してみたい」という希望を伝えられるため、キャリアを広げるチャンスも得られます。これも、幅広い業界の仕事を手掛ける独立系ならではの良さだと思います。

ページの上部へ